大田鈑金検査員ブログ

電卓ご臨終・・・

昨年の10月に15年愛用した定規とのお別れに続いて、これまた16年の付き合いの電卓がつい

にぶっ壊れました・・・

 

動きが悪くなってきたのは去年からで、なんとか今までダマシダマシ使ってきたんですが、先日

とうとう全く動かなくなりました。

 

IMG_8108.jpg

                            (もう・・・ボロボロ・・・)

 

今まで何度か買い換えようかと思った時もありましたが、実は電卓にもこだわりがあって、なかなか

買い換えることが出来ずにおりました。しかしまあ電卓がないと仕事にならないので、意を決してJC

の後輩であるS君へ緊急電話。

 

厳しい採用条件を伝えました。

  ①手のひらサイズであること。

  ②数字の表示部分がちょっと斜めになっていること(可動式でないこと)

  ③ボタンの配列が変わらないこと(特に「CA」と「C」が左下の位置にあること)

  ④ボタンを押したときに少しだけカチッと音がすること(ゴムのボタンだと音が出ない)

  ⑤「0」は1個だけであること(「00」とか「000」が無いこと)

  ⑥国内メーカーであること。

 

これだけの条件をクリアした電卓だけが我が社で採用されることになります。

ホントは全く同じ型の電卓が売っていれば嬉しいんですが、さすがに古すぎて製造されていません。

 

探しまくった結果、S文具店の豊富な品揃えのなかからひとつだけこの厳しい条件をクリアする電卓

が見つかりました。

 

IMG_8110.jpg 

CASI0「HW-8VTA」

若干ボタンの配列が違いますが、まあこれなら合格。

 

何回か使っていますが、やはり15年の癖は大きく、難儀しておりますがそのうち慣れるでしょう。

 

 

“電卓ご臨終・・・”のコメント

  1. S文具店 より:

    この度も御採用ありがとうございます。
    すでにサイズ、キー配列ともに、現存しない商品でしたので、条件に適う商品が無に等しかったです。それほど、愛用品を大切にされることは、商品冥利に尽きるかと思います。

  2. 検査員 より:

    S君いろいろとお世話になりました。
    おかげで良い物に出会いました。
    また宜しくお願いいたします。

コメントをのこす




ページの先頭へ戻る